ブーツのお手入れ方法

ブーツといえば、女性にとっては冬から春にかけてとても役立つ必須アイテムです。
しかし、あまり安価なものではない分、冬や春は1、2足を毎日使いまわしている人も多いのではないでしょうか。
いくら丈夫に作られているとはいっても、ほぼ毎日のように使用していては、その分消耗してしまうのも事実です。
できる限り長い間、お気に入りを使用するために必要なのは、毎日のお手入れでしょう。
まずは、使用していない時は日陰で干して湿気をとること、靴用のブラシできちんと汚れを取ることが大切です。
また、近年は靴用の消臭及び除菌スプレーも簡単に購入することができるので、これらを利用することも大切です。
また、身近にある意外なものでも汚れなどを落とすことができます。
代表的なものはバナナの皮や消しゴムで、これらはブーツに付着した汚れを落とし、艶を出す効果まであるという優れものです。
傷ができた時は、クレヨンで傷を塗りつぶし、後から乾いた布でふき取るなどすることも効果的です。
これを機会に是非、お気に入りのブーツを綺麗にお手入れしてみてはいかがでしょうか。

ブーツシーズン終了!片付け前にしっかりお手入れを

外側は雨や雪に濡れたり、内側は汗で蒸れたりと汚れやすいブーツですが、シーズンが終わったら片付ける前にしっかりお手入れしないと、次に出した時にカビだらけということになりかねないので気を付けましょう。
お手入れ方法についてですが、どんな素材のものもまずしっかり乾燥させます。
内側の湿り気は悪臭の元になるので特に気を付けてください。
乾かしたブーツは全体にブラシをかけ、汚れやホコリを落とします。
この時ブーツキーパーを入れるとブラッシングがしやすくなります。
次にツヤを出すためクリーナーを布に取って全体に塗り、仕上げに乾いた布で乾拭きします。
仕舞う際にはホコリを避けるためのケースに入れ、通気性の良い場所に片付けます。
夏場は蒸れてカビが発生しやすくなるので、ときどき取り出して陰干ししてください。
次シーズンに使用する前には防水スプレーを全体にかけておくと、汚れが付着しにくくなりお手入れもラクになるのでオススメです。

Favorite

振袖のレンタルを行う

最終更新日:2017/12/7