ブーツをオーダーして自分だけのブーツを

足の形やサイズは一人ひとり違います。
ですから、市販の靴はだいたい多くの人に受け入れられる用にデザインされてはいるものの、どうもフィットしないという人もいます。
例えば、ブーツは足をすっぽり隠す靴ですから、フィットしない人にとっては歩くたびに足が多方面から圧迫されてしまう不快な靴です。
なので、ブーツを自分専用にオーダーする人も存在しています。
どういう事かというと、自分の足の形やサイズを職人に計測してもらい、高級な素材と確かな技術を用いて丁寧に作ってもらい、自分に合った世界に一つしかない一足を手に入れるというわけです。
当然これは特注ですから、値段がかなり高めになります。
しかし、自分のために作られたブーツを履いた時の快感は素晴らしく、一度使うと足に合わない靴は履きたくなくなるようです。
店によって詳細は異なりますが、オーダーするためにはまず自らの足の形等を知ってもらうために訪問し、こだわり等を伝える必要があります。

たまにはブーツもオーダーで!

昔は既製品などなく、ほとんどすべてがオーダーメイドでした。
今はお店に行けば靴でも服でもバッグでも、色とりどりの既製品が並び、サイズや形も色々選ぶことができます。
服などであれば、自分に合うメイカーなどを見つけてしまえばよいことですが、靴はどうでしょう。
実は自分の足に合った靴を履くということはとても大事なことなのです。
サイズや形の合わない靴を履き続けてしまうことで、足の形が変形したり、内股やがに股といった脚の変形にもつながる可能性があります。
長時間歩いてしまうと、合っていない靴では足を痛めやすいのです。
そのため、オーダーメイドの靴を選ぶ人も多くなっています。
特にロングブーツなどは、脚の太さなどによって既製品ではピッタリとはいかないため、ブーツをオーダーメイドで作る人も増えています。
ほとんどの場合、あまり凝ったデザインは選べませんが、自分の身体にあったアイテムを使用することで快適な生活を送れるようになるでしょう。

pickup

手帳型ケースをオリジナルで作成する

2017/7/19 更新